葉酸サプリで栄養を補給|不足した成分を補える

カップル

胎児や母体に必要な栄養

医薬品

葉酸はほうれん草などに含まれる栄養素ですが、これが妊娠に大きな働きをしてくれます。胎児の発育や流産防止などの効果があるため、積極的に取っていくべき栄養素です。しかし、これを食材から取るにはたくさんの量が必要なため、これをサプリで摂取していくこともいい方法です。

詳しく見る

妊活中からとりたい栄養

女の人

食事では不足しがちな栄養

葉酸とは、ビタミンB群の水溶性ビタミンの一つです。その名のとおり葉物などの緑黄色野菜や果物に多く含まれています。豆類、レバーなど身近な食品にも多く含まれます。葉酸は体の中で血を造るのに必要です。不足すると貧血になることもあります。特に、妊娠中の女性は一般の女性の倍の葉酸摂取が必要と言われています。しかし、水溶性のビタミンのため調理の仕方によっては、うまく摂取できないこともあります。近年、この葉酸が胎児の神経管先天異常のリスクを低下させることが明らかになってきました。厚生労働省では、妊娠計画中の女性に対して、妊娠1か月前〜妊娠3か月まで食事とは別にサプリなどの栄養補助食品として1日0.4ミリグラムの葉酸を摂取することを推奨しています。

妊娠前からの摂取を

葉酸サプリは妊娠前からの摂取が効果的です。葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下させることが明らかになってきました。神経管先天異常の多くは妊娠直後から10週目までに発生することが分かっています。しかしこの時期だと、まだお母さんが妊娠に気づいていない場合も多くあります。そこで、妊娠前からサプリを摂取しておくことで、妊娠初期の葉酸不足を予防できます。ただしサプリをたくさん飲めばいい、というわけではありません。1日1ミリグラム以上の摂取はビタミンB12欠乏の原因となりますので注意しましょう。一般に食事で摂取する分と厚生労働省で推奨されている0.4ミリグラムのサプリとでは、合わせても1日1ミリグラムを超えることはないので、安心してバランスの良い食事をとるよう心掛けましょう。

健康な赤ちゃんを産むため

女性

葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を正常に作る働きのある成分です。そのため、妊婦さんが健康な赤ちゃんを産むためには欠かせない栄養です。昨今では、葉酸はサプリとして販売されています。サプリは、食品で摂るよりも吸収率が高くておすすめです。

詳しく見る

妊娠時にとりたい栄養

錠剤

葉酸は、赤ちゃんを健康に産むために欠かせない成分です。赤ちゃんの細胞分裂に重要な役割を果たし、未熟児、奇形児になるのを予防してくれます。昨今では、葉酸のサプリがドラッグストアで気軽に購入できます。なので、お腹に子供がいる妊婦にはおすすめです。

詳しく見る